SWEET LINE

アダルト全般OK!もちろん援交募集もいっぱい!

ピュアな出会いからアダルト、アブノーマルな出会いまで幅広く対応したマルチサイト!好みのジャンルで検索してみよう☆
男女のバランスが良いので出会い率も必然的にUP!業界TOPクラスの優良サイトを体感せよ!

SWEET LINEのバナー
  • ポイント① 全て高機能でお好みの相手を一発検索可能!
  • ポイント② 積極的なユーザーが多いので気が合えば「その日で会う」事も可能です!

愛カツ

写メ検索が可能!好みのタイプを探してみよう♪

注目すべきは何と言っても検索機能!ご近所で検索する事も可能ですし、写メで検索する事も出来るんです!
援助交際募集や神待ちの書き込みの多数ありますので、ご希望の方は是非お試しを♪

愛カツのバナー
  • ポイント① 近所で出会えたという報告多数!出会いにこだわるなら
  • ポイント② どちらかと言えばアダルト寄りの出会いが豊富!

FirstMail

今年大ブレイク!最も注目されているサイト

口コミで人気急上昇中の注目サイトがコチラ!某雑誌に掲載された事もあり、男女共に人気のサイトとなっています♪
利用している年齢層も幅広いので、理想の相手がきっと見つかる!オススメです☆

FirstMailのバナー
  • ポイント① 現在最も勢いのあるサイト!登録はお早めに~♪
  • ポイント② 人妻や熟女の方にも人気!年上好きにもオススメ!

出会い系サイトが「援助交際」を黙認する理由とは?


出会い系サイトを使ってみると、セックスすることを前提とした出会いを探す掲示板は、金銭的な援助を求める(女性の)書き込みに埋め尽くされています。個人間であれ、届出のない風俗業は一応は違法なものですし、出会い系サイトにも、そのような書き込みは禁ずるといったことが規約に明記されています。それなのに、どうしてそのような「援交目当て」の書き込みが、放置されているのでしょうか。それは本音と建前という面から問題を観察してみると、答えが見えてきます。

出会い系サイトの、エッチな関係を求める掲示板は、援交目当ての書き込みに埋め尽くされると先ほど書きました。それはつまり、出会い系サイトを利用する女性の大半は、援助交際をすることが目的であるということです。もし、そのような援交目当ての書き込みを全面的に禁止してしまったら、サイトにはほとんど女性が残りません。女性会員が少ないということは、成立するカップルの数が少ない――出会いを得られる男性が少ないということです。出会えないサイトに残って、お金を払いつづけるのも馬鹿らしいですから、そうなると、サイトにとっての収入源である男性会員でさえ、そこを去ってしまうのです。

もっとも、男性の中には援交に興味のない方もいるでしょうが、しかし、出会い系サイトでセフレを作ったりすることは非常に難しく、よほどイケメンでないかぎりは相手にもされないので、いずれにせよそういった援助無しの関係を望む男性はサイトをやめてしまう可能性が高いと思われます。したがって、ここで彼らを考慮する必要はないでしょう。

さて、本題に戻ります。援助交際を全面的に禁止してしまうと、援交目当ての女性はおろか、普段から金を払ってセックスをしている男性らも、相手が見つからないからと、サイトを離れてしまいます。お金を払うのは男性ですから、彼ら会員が減ってしまうのは、サイトとしても非常に困るわけです。とはいえ、犯罪を助長するようなことはできません。「当サイトは援交OKです!」なんて言ったら、間違いなくどこかからお咎めを受けるでしょうからね。援交はできれば推進したいくらいだが、社会的にそうすることができない、犯罪を糾弾する立場にいなければならない。これが出会い系サイトの本音と、建前です。

隠語を使って

誰が思いついたのかは知りませんが、その出会い系サイトの悩みを解決してしまうのが、「隠語」の存在です。出会い系サイトを使い慣れた人であれば、「穂別②」や「パパになってくれる人」や「条件聞いてくれる人」や「お願いあり」といった文章が、何を意味しているかはおわかりでしょう。これらの言い回しは、すべて援交相手を募るものです。これがあるから、援交をする女性らは、出会い系サイトで相手を探すことができて、また、サイトのほうも、見てみぬふりを決め込めば、会員数の維持を図ることができるというわけです。

それらの隠語は、援交、売春、見返りなどといった直接的なワードを使っていません。よって、その掲示板で男女が知り合い、援交をして、それが問題になったとしても、サイトのほうは、「それが援交のことだとは知らなかった」としらばっくれることができます。そのような理由から、はっきりと援交のことを言っていない場合には、怪しげな書き込みもすべて放置、黙認するのです。建前として、道義的に正しい態度を取りながら、実はその裏で援助交際を黙認し、会員数を維持して、利益をあげている。それが出会い系サイトというものなのです。しかし、あまりに過激なことを書くと、強制退会を食らったりすることもあるので、注意が必要です。

相手選び

援助交際の魅力は、お金さえ払えばセックスできるということです。成人女性の場合、相場はホテル代別二万円。本番のできる風俗と比べれば、破格とも言える額でしょう。問題は、それに見合った満足感を得られるかどうかということです。援交をしているとはいえ、彼女らは素人ですし、店の看板を背負っているわけでもないので、男性に一生懸命尽くす義理がありません。サービスの質については、すべてその子の良識に委ねられているのです。

当然のことながら、援交をしようという女性に、性格の良い人はあまりいません。キスやフェラを拒否する女性もいます。二万円払ってそれはあまりにサービスが悪いというものですが、そういう女性を選んでしまう男性も悪い。出会い系サイトでメールをしている段階で、その女性の人となりを予測し、価格に見合ったサービスを受けられるよう、男性自身が気をつける必要があります。

最も良いのは、セックスが好きで、でもどうせならお金も貰えたほうが得だから、と援交をしている女性です。そういう人は、相手を選ぶ傾向にありますが、もとがセックス好きでありますから、もし会うことができれば、満足できる可能性は高いですね。逆に、やむおえぬ事情から援交をしている女性は、それは本来やりたくないことですから、セックスもそれなりです。二万円払って損をすることのほうが多いでしょう。

相手選びにさえ気をつければ、援交は風俗よりも便利な性サービスだといえます。一度試してみる価値はあるのではないでしょうか。